2005年06月10日

65歳前に退職して失業手当をもらえば有利?

Q:==============================================
 64歳の誕生日をもうすぐ迎える女性。(昭和16年生まれ)
「65歳になると、失業しても失業手当をもらえない」ときいた。
とすると、65歳になる前に退職して失業手当をもらえば、
年金より多額なので、有利なのではないか?

A:==============================================
65歳をはさんで同じ事業主に勤め続けた場合、雇用保険法上の扱いは次のように変化します。

 65歳に達した日の前日(65歳の誕生日の前々日)まで
                …一般被保険者
 65歳に達した日(誕生日の前日)以降
                …高年齢継続被保険者

------------------------------------

●高年齢継続被保険者が失業した場合
 「高年齢求職者給付金」が一時金で支給されます。

  ・支給額
    被保険者期間1年未満:基本手当日額×30日
    被保険者期間1年以上:基本手当日額×50日

  ・受給開始:
    求職申込から、7日の待機+定年・自己都合の場合は3ヶ月間 を経た後

  ・受けることのできる期間(受給をする日数も含めた期間)
    離職した日の翌日から1年間(疾病・負傷時の延長や、定年退職者等に対する受給期間の延長制度はなし)

  ・労働して収入を得た場合: 減額はありません。

  ・年金と併給されます。


●一般被保険者が失業した場合

・支給額

  倒産・解雇等以外で離職した場合は、全年齢で次のようになります。
   被保険者であった期間が
    10年未満     :基本手当日額×90日
    10年以上20年未満 :120日
    20年以上     :150日

  倒産・解雇等による離職の場合、60歳以上65歳未満では、次のようになります。
   被保険者であった期間が
    1年未満      :基本手当日額×90日
    1年以上5年未満  :150日
    5年以上10年未満 :180日
    10年以上20年未満 :210日
    20年以上     :240日

・受給開始:
  求職申込から、7日の待機+定年・自己都合の場合は3ヶ月間 を経た後

・受けることのできる期間(受給をする日数も含めた期間)
  離職した日の翌日から1年間(疾病・負傷時に延長される場合あり。また、定年退職者等に対する受給期間の延長制度あり)

・基本手当支給開始後に労働して収入を得た場合
 「収入+基本手当」が賃金日額の8割を超える場合は、基本手当が減額されます。

・60歳代前半の老齢厚生年金は、基本手当と併給はできません。どちらか一つを受給することになります。65歳以上の老齢厚生年金は、基本手当受給終了まで停止され、その後にさかのぼって支給されます。


●基本手当日額
  原則として就職の日の直前6ヶ月間に受けられた賃金の合計を180で割り、その額の5〜8割となります。年齢により最高・最低限度日額が定められています。

------------------------------------

したがって、たとえば60歳以上で勤続20年以上の方が定年・自己都合で離職した場合、

・65歳に達した日の前日(65歳の誕生日の前々日)以前に離職:
  一般被保険者として150日分の基本手当を受給

・65歳に達した日(65歳の誕生日の前日)以後に離職:
  高年齢継続被保険者として50日分の高年齢求職者給付金を受給

となります。

いずれにしても、7日(必ず)+3ヶ月(定年・自己都合の場合)の空白があり、この間を預金等でのりきる必要があります。


<備考>
・64歳以降、雇用保険料は給与から徴収されなくなります。
  (免除高齢者) 

・名前のよく似た給付に「高年齢雇用継続給付金」がありますが、
これは、60歳以上65歳未満の高齢者について、賃金額が60歳時点の75%未満となる場合に支給されるものです。
この場合、雇用保険上の被保険者区分は、60歳をはさんでも一般被保険者のまま変わりません。

・老齢基礎年金受給については、66歳以降から開始する「繰下げ」制度があります。
66歳0ヶ月で受給開始すると、老齢基礎年金額が8.4%加算されます。
老齢厚生年金については、繰下げ制度はありませんが、今後の改正で認められる可能性があります。

<確認したい点>

・被保険者期間

・年金受給開始タイミング
  昭和16年生まれの女性(=昭和21年4月1日以前生まれの女性)であれば、60歳代前半の老齢厚生年金が、報酬比例部分・定額部分とも、60歳より支給されます。
現時点で働いておられるとのことで、この年金は受給していないと考えられます。いつから受け取ろうと考えておられますか?(5年間働いて増額して受け取るという考えであれば、それも理にかなっていると思います。)
posted by 若葉 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。