2006年08月31日

選択 労働基準法及び安全衛生法:平成18年(第38回)社会労務士試験 

平成18年(第38回)社会労務士試験 選択式 

●労働基準法及び安全衛生法(答ではなくテーマを書いています)
労働基準法
A 解雇:成立の要件(法18条の2)
B 企画業務型裁量労働制:健康及び福祉を確保するための措置の実施状況報告(期日)→下に…
C 有期労働契約(5年の契約を結べる者)(法14条1項、H15.10.22厚労告356)

労働安全衛生法
D 事業者等の責務(法3条)
E 面接指導等(法66条の8)

B:企画業務型裁量労働制は昨年(h17)選択にも出ました。ので、どんぴしゃといえばどんぴしゃなのですが…

労基則24条の2の5第1項 では、
(4)6か月以内に1回、及びその後1年以内ごとに1回 ですが、
附則66条の2で (3)当分の間、6か月以内ごとに1回 とされています。

予備校の解答例もこの2つで分かれていました。
したがって、両方正解になる可能性が高そうです。

こんな基本的な事項でも、わかれるんですね。困ったものです。

私の予備校のレジュメには「6ヶ月」のほうだけ載っており、「6ヶ月・6ヶ月」と呪文のように覚えてました。
基本書には「6か月→1年」のほうだけ載っていました。

このように、法文と実際の運用がずれる規定として、他に次のようなものがあります。

・条文で範囲を指定し、その一点をとるもの
  例:雇用保険法 教育訓練給付金の額(法60条の2・則101条の2の5〜則101条の2の7)         自己都合退職時の給付制限(法33条・行政手引き52204)

・まったく読み替えるもの
  国民年金法の併給調整(今年改正部分:国民年金法20条を附則9条の2の4で読み替え)
読み替え前と読み替え後でまったく別物になり、原形をとどめていません。実際の運用(=障害基礎年金はどの被用者年金とも併給可能)は読み替え後によるものです。
読替前と読替後、どちらで出るのか(できたら読み替え後で出てほしい)と最後まで心配しました。(結局どちらも出ませんでしたが…)

出題者側の基本姿勢としては、どちら(読替前と読替後)を重視しているのでしょうか?

この他の選択肢:−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

A:条文そのままですね。

C:職業の要件はおさえましたが、賃金の要件は基本書にも、予備校のレジュメにもありませんでした。別の資料から、およそ1000万というのはおさえていたのですが…
 「記憶していれば解けた」という問題ですね。(来年向けのテキストには、収入も含めて載るのでしょう)

D 事業者等の責務 ですが、目的条文の「安全と健康を確保」を覚えていたので解けたと思います。

E:改正事項

問題文は次のとおり。
 産業医は、当該労働者に対して、当該申出を行うよう[ E ]することができる。

「勧告 勧奨 指示 指導」のうち、
「勧告」…監督署長か労働局長
「指示・指導」…元方事業者の講ずべき措置(法29条)

と考え、残った「勧奨」としました。

他に「勧奨」を使う規定として、思いつくものは
安衛法80条(安全衛生診断)です。(これは労働局長ですが)
第80条 都道府県労働局長は、第78条第1項の規定による指示をした場合において、専門的な助言を必要と すると認めるときは、当該事業者に対し、労働安全コンサルタント又は労働衛生コンサルタントによる安全又は衛生に係る診断を受け、かつ、安全衛生改善計画 の作成について、これらの者の意見を聴くべきことを勧奨することができる。

いつも不思議なのですが、規定の内容ではなく、言い回しを出題する意図って、どういうものなのでしょうか…??
posted by 若葉 at 11:10| Comment(4) | TrackBack(1) | h18本試験(選択) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

個別の問題の分析 1

●ネットと予備校から解答を4パターン入手しました。
解答の割れている問題は次のとおりです。

(解答診断を申し込めば、他にも入手できるのですが…
個人情報の入力画面が出てくるので、躊躇してしまいます。
今通っている予備校からは解答診断をしてもらう予定です。)

−−
選択:
 労基・安衛 B
択一:
 労基・安衛 問8
 健康保険 問7
 厚生年金 問3,8
 国民年金 問7
−−

●引っかかった問題で、分析できたもの

択一:
 労基・安衛 問8 …「労働安全コンサルタントの風」さんに答えをいただきました。ありがとうございます。
 労災    問1(細かい〜! 過去問集に入ってしまうと、これもひとつのパターンになるのかもしれませんが…)

 健康保険 問7 …受験生泣かせの問題ですねえ。この問題文はちょっと…
 厚生年金 問4 …問題文を読めども目に入らず、というのが原因でした。落ち着くことが大事です。

ということで、これから順番に詳細を書いていこうと思います。
posted by 若葉 at 10:40| Comment(1) | TrackBack(0) | h18本試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本試験結果の分析 2 −鉄は熱いうちに打て

試験結果(現状)を再度まとめてみました。

−−−−

・選択:30-31点
  労基・安衛 3or4
  労災    3
  雇用    3
  労一    5
  社一    2点…救済待ち
  健保    5
  厚年    5
  国年    4

・択一:45-46点
  労基・安衛 6or7(たぶん6)
  労災    7
  雇用    7
  一般    7
  健保    8or9
  厚年    3…救済待ち
  国年    7

−−−−−

択一の厚生年金、痛いです…
(あとでみたら、解けるはずの問題を落としていました。1点増えてたらひっかからなかったのに… これが本試験の怖さということでしょうか)

選択の社一はたぶん救済があるだろうという風評でしたが、どうなるでしょうか。

試験モードのテンションも下がり、日常モードが戻り、
ジムや温泉にも行ってきました。

鉄は熱いうちに打て、ということで、記憶が薄れないうちに

・試験の大まかな印象
・引っかかった問題の分析(1日1題くらい)

をまとめたいと思います。
(自力で分析できない問題は、解答診断が帰ってくるのを待つ予定です。)
posted by 若葉 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | h18本試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ささやかにうちあげ。

とりあえず一段落。

posted by 若葉 at 12:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本試験結果の分析 1

試験結果の続きです。

h18試験結果について、総合的に分析しますと、

1.スタートが遅れた(独学か、予備校か、今年1月頃まで迷っていたので、予備校に申し込むのが2月になった。3月は引越で時間をとられた)

2.仕込みに6月までかかり、本格的に回し始めるのが遅れた。
問題・資料など「写経」に遅くまでかかった。

ただ、2は「仕込みに時間をかけたおかげで、回し始めてからの学習の密度は濃くなった(1回まわすだけで知識がぐっと増えた)」という面もあります。

丁寧に仕込んだものを、最後まで回せなかったのが心残り(段取りの悪さ)ということです。(その原因は、結局1.ということになるのでしょう)


模擬試験は
 5月・6月…20点台(A社・B社とも)
 7月初…20点台(B社)→30点台(A社)
 7/30…33点(B社)→8/7…40点(A社)
 8/18…自分でh17本試験→47点

ということで、S時カーブの急上昇する箇所で本番を迎えてしまった
(本番をピークに持ってこれなかった)のが痛いところです。

・土俵に入れなかった→やっと回しをつかんで4つに組めるようになった。
・さかあがりでいうと、つるんと前へ行く→鉄棒に足がかかるようになった。
・やるべきこと(穴)がようやく見えてきた。
のがつい最近のことです。
逆に言うと、そこまでいけたことをたたえるべきかもしれません。

時間としては、4月以降、週40時間?勉強していたので、スタートが遅かった(2月になった)ことを別にすれば、精一杯したのかなというところです。


方法は今の延長でよいと思うので、
仮に落ちていたら、今の位置から同じ方法で再出発しようと思います。

各社の解答が揃ったら、厚生年金の敗因を分析する予定です。
posted by 若葉 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(1) | h18本試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成18年本試験終了−終戦記念日になるか??

8/27(日)、平成18年社会保険労務士本試験が終了しました。

私の結果は、ある予備校の正解によれば

・選択:計30点(31点?)
  →社一 2点 で救済あるか?

・択一:42点+最大7点(答が未確定の問題:健保2、厚年4、国年1)
  厚生年金が、現在1点しか正解していません。未確定4点中どこまで取れるか。→これも救済待ち?

となりました。

見事にボーダー真上です。(ちょっと下かな? 感覚的には、今年は昨年よりボーダー高いか?)

実力上昇過程の7合目くらいで試験を迎えた、という感じです。
「あと1ヶ月あったらピークだったのに!」と、エネルギーが有り余っています(^^;

どう転ぶかわかりませんが、
1日2時間くらいコンスタントに維持しながら
結果を待ちたいと思います。
(1日中勉強するわけではないので、仕事(再開予定)とも両立できるでしょう)
ともあれ、冷房でキンキンに冷えた図書館からは開放されて、ほっとしています。
posted by 若葉 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | h18本試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。