2008年07月15日

裁判員候補者名簿、作成開始

先日、勉強会で概略を教わったのですが、

事件数×「1事件につき裁判員6名と補充裁判員2名の計8名」

として、だいたい下記の率だそうです。
(地域によって違いがあります)


東海北陸地方にお住まいの方が裁判員及び裁判員候補者として選ばれる確率(平成18年):検察庁
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/h_nagoya/c_saibaninseido/c11_jyouhou/wariai.html

         全 国
−−−−−−−−−−−−−−−−
有権者数   103,547,456
対象事件数   3,111
裁判員候補者数   311,100
裁判員候補者に選ばれる確率   1/340
裁判員数   24,888
裁判員に選ばれる確率   1/4,160


■ほかにも驚いたのですが、裁判員には
裁判官より重い守秘義務が課されるそうですね。

・裁判員…裁判終了後も生涯/違反→6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金(法108条)

・裁判官…裁判所法第75条(評議の秘密の保持義務)
  違反→分限裁判による免職または弾劾裁判による法曹資格の剥奪等

  (※退職後:分限裁判・弾劾裁判は不可→処分不可)


■裁判員候補者名簿の作成開始 通知は11月以降に:2008.7.15 nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080715AT1G1404414072008.html

 市民が刑事裁判に参加する裁判員制度の来年5月施行に向け、全国60地裁・支部は15日から市区町村の選挙管理委員会に対し、裁判員候補者の人数を通知し、裁判員候補者名簿の作成に着手する。全国で約30万人が候補者になるとみられ、選ばれた市民には11月以降に通知が届く。

 名簿は全国50地裁と10支部が作成する。殺人事件など、裁判員裁判の対象になる過去の事件数を参考に必要な裁判員候補者数を算出。9月1日までに管内の市区町村選管に候補者数を割り当て、人数を通知する。


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 10:18| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速今日、一社にこの話をしたのですが、何だっけそれ?みたいな感じでした。ボチボチやっていきます。
Posted by DJヒロ at 2008年07月15日 17:31
コメントありがとうございます☆
種蒔きですね!
いつorどこから芽が出るかわからないので、きっかけを大切にしたいですね。
表現もわかりやすくできたらと思います。
Posted by 若葉 at 2008年07月17日 12:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102920481
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。