2008年09月23日

男女間の賃金格差レポート

厚労省では
「男女間の賃金格差問題に関する研究会」報告(2002.11)にもとづき、
「男女間の賃金格差解消のための賃金管理及び雇用管理改善方策に係るガイドライン」を作成するとともに、
賃金格差の現状や縮小の進捗状況を継続的にフォローアップしているとのことです。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/04/h0422-2.html


その報告が出ました。

「男女間賃金格差は人事制度の運用や業務の与え方の積み重ね(=先例?)・配置のありかたに起因」という指摘は、うなずけます。

後半では、立場(経営者・男性・女性)ごとの意識調査も行っています。

1986年から20年にわたって調査をしていますが、2006年になって現れた新しい傾向があるようです。


男女間の賃金格差レポート:2008.9
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku09/pdf/01.pdf

・長期的に縮小傾向[2005,2006年に拡大が見られる→p2図表1]だが
 国際的に見て格差は大きい

・賃金格差の要因…
  階層(部長、課長、係長などの役職の差)が最大。
  勤続年数の差・家族手当などの手当も影響

  [勤続15-29年層で格差が大。
  2006年は勤続9年以下の層へも格差拡大:女性の有期雇用の増加が考えられる]

  [業種ごとに異なる傾向(こちらも2006年には変化が見られる)]

・男女間賃金格差は多くの場合、賃金制度そのものよりは
  人事評価を含めた賃金制度の運用・
  職場における業務の与え方の積み重ね・配置のあり方 等、
 雇用管理面の問題(=賃金制度以外)に起因


●上記レポートの詳細は…
男女間賃金格差の規定要因及びその変化(2000−2006) 概要
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0919-4b.pdf


■この調査の報告も含めて…
第2回「変化する賃金・雇用制度の下における男女間賃金格差に関する研究会」議事次第:h20.9.19
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/s0919-4.html

既存の結果をふまえ、
「女性従業員の活用をめざした賃金・雇用管理の検討のための基礎調査」を行います。(h20.8.22回収)


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 男女均等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107013209
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。