2007年06月11日

ミス・パターン(1)

■厚生労働大臣 vs 社会保険庁長官

●健康保険

・政府管掌健康保険の一般保険料率変更(法160条4項、7項)

  社会保険庁長官が申出
   ↓
  厚生労働大臣は、第四項[長官]の申出を受けた場合において、必要があると認めるときは、社会保障審議会の議を経て、千分の六十六から千分の九十一までの範囲内において、第一項の一般保険料率(この項の規定によりその一般保険料率が変更された場合においては、変更後の一般保険料率)を変更することができる。

  × 社会保険庁長官が一般保険料率を変更できる


●厚生年金保険(法100条の3第1項)

年金保険者たる共済組合等は、
当該年金保険者たる共済組合等を所管する大臣を経由して、
標準報酬額等平均額の算定のために必要な事項として厚生労働省令で定める事項について厚生労働大臣に報告を行う。

  × 社会保険庁長官に報告を行う


●国民年金

(督促及び滞納処分)法96条
4 社会保険庁長官は、第一項の規定による督促を受けた者がその指定の期限までに保険料その他この法律の規定による徴収金を納付しないときは、国税滞納処分の例によつてこれを処分し、又は滞納者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村に対して、その処分を請求することができる。

5  市町村は、前項の規定による処分の請求を受けたときは、市町村税の例によつてこれを処分することができる。この場合においては、厚生労働大臣は、徴収金の百分の四に相当する額を当該市町村に交付しなければならない。

・市町村に督促依頼…長官
・徴収金の4/100交付…大臣

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:横断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

横断−目的条文(1)

(この法律の目的)国民健康保険法第一条
この法律は、
国民健康保険事業の健全な運営を確保し、
もつて社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする。

(国民健康保険)第二条
国民健康保険は、
被保険者の
疾病、負傷、出産又は死亡に関して
必要な保険給付を行うものとする。



(目的)健保法第一条
この法律は、

労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡
又は出産
及び
その被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産
に関して
保険給付を行い、   ↑cf.国保法2条
……………………………………
           ↓cf.国保法1条
もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。


国保法…健保法との比較:

・「被保険者」しかない(被扶養者 なし)
・業務上外の区別なし
・保険事故は同じ(4つ) Q:「必要な」って…何か意味がある?(健保法にはない)

・目的が違う
  健保)国民の生活の安定と福祉の向上

  国保)社会保障及び国民保健の向上

 …
(目的)老人保健法第一条
この法律は、
国民の老後における健康の保持と適切な医療の確保を図るため、
疾病の予防、治療、機能訓練等の保健事業を総合的に実施し、
もつて
国民保健の向上及び ←=国保
老人福祉の増進 ←≒健保(「老人」という限定を取れば)
を図ることを目的とする。

(目的)介護保険法第一条
この法律は、
加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、
これらの者が
尊厳を保持し、
その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、

必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、

国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、
その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、

もって国民の保健医療の向上 ←≒国保(国民保健の向上)
及び福祉の増進 ←=健保
を図ることを目的とする。

年金系は?

(国民年金制度の目的)国民年金法第一条
国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項 に規定する理念に基き、

老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを
国民の共同連帯によつて防止し、=介護保険
もつて
健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。

(国民年金の給付)
第二条  国民年金は、前条の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。

維持・向上・増進 …??!

(この法律の目的)厚生年金保険法第一条
この法律は、
労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、

労働者及びその遺族の
生活の安定と ←=健保
福祉の向上に ←≒健保(←増進)
寄与することを目的とし、

あわせて厚生年金基金がその加入員に対して行う給付に関して必要な事項を定めるものとする。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:横断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。