2008年01月13日

ガセだとよいが…

未確認情報ですが、

「昨年(h19)の社労士本試験問題が、易しすぎる」と、社労士会(or関連団体)が厚生労働省に抗議した、という話を聞きました。

あくまで「伝聞」です。確認はしていません。(そもそも「誰が誰に抗議したか」が、上記と異なるかも)

信憑性は定かでないが…


本当だとしたら


や〜め〜て〜〜〜〜〜〜!


はっきりいって、昨年の出題傾向は続いてほしい。


解答割れもなく
学習程度に素直に比例する、良問だったと思います。


問題が易しければ、基準点を上げればよいだけの話です。


また奇問に戻ったら、受験生離れはとまらないでしょう。


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

2007年09月11日

重陽の節句−収穫の季節へ

雨が過ぎると
急に涼しくなりましたね。

9/9は重陽の節句でした。(そういえば、節句には何か書くと年頭に述べたような?!)
これから食べ物がおいしい季節になります。

社労士試験の結果も、冬〜夏にかけて、太陽の恵みを光合成で固定した?!ということになるのかな。

あと2週間もすると昼と夜が同じ長さになるわけで…

本試験が夏でよかったと思います。
(算定基礎届が終わる、社労士業の農閑期(?)に持ってきたという説を聞きましたが)
冬だったら朝起きられなかったでしょう。

野球の桑田選手が現役続行表明とのことです。
環境 と 自分の過去・実力・希望 をくらべて
8月には「環境」が大きく見えていたが
徐々に「自分の過去・希望」が大きく見えるようになった、ということかな。

両者のウェイトは、おそらく自分にしかわからないと思いますが、
8月のニュースよりも共感できる気がしました。(勝負師らしい、というのかな)

キャリアコンサルティングは、こういうところに
役に立つのかも。

同年代では工藤選手が大黒柱です
(この方は、きわめて意識的に鍛えておられるようですね)

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

初心+御礼

2週間たちましたね。

ふと、我に返りました。

今回の結果は(未確定ですが)一人で得たものではありません。

自分の努力+いろんな方々の協力+運

によるもの。

8/26の試験終了直後には、心地よい虚脱状態のなかで
夕陽を眺めながら
「下記の言葉を最初に言おう」と思っていたのでした。

ご協力くださった方々へ…ありがとう。



↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

点数推移(2)

点数推移(2007.9.2) の続き:

つけ加えるとすれば …これかな?

ヒナはまだ立っていることさえできない。しゃがむことができるだけだ。ゆっくり歩いても不安定でよろよろする。だが今は、のっぴきならぬ必要に迫られているので、必死で突進してくることができるのだ。…ヤマウズラ類やキジ類のヒナは、ゆっくり歩いたり、立ち止まったりすることができるよりずっと以前に、走ることができる。

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
コンラート ローレンツ/日高 敏隆 訳


何はともあれ駆け抜けた

あとで

どうやって足を動かしたんだろう」と検証するために
ブログをはじめたわけです。

したがって、昨年と今年の違いは

「再現性の違い」(コンスタントに同じ結果が出るか)
「意識的に答えているか」

ということになるのかな。

ひらたくいうと
「人に説明できるかどうか」とも言い換えられるかもしれません。

これからも「再現性」を維持できるかどうかで
「本物」になれるかどうかが決まると思います。

プロセスを公開したことも
点数には影響しているでしょうね。
(プラス・マイナス両面あったと思います)

[追記 2007.9.8]
「厚生年金以外の合計(前年比)」ですが、
健康保険(8→6:-2/やや難らしい(by真島塾))を除くと「+3」になるので
やはり、伸びているようですね。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

先入観

模擬試験をいくつか解くうち
「ある肢を正解と選んだら、続く肢を見ない(読んでいるが、細部が目に入らない)」
という現象が、しばしば起こることに気づきました。

今回、労働基準法の第1問は、それで落としています。

C,Dにクェスチョンマークがついていますが、正解(E:きわめて容易)は素通り。

なめとるんかいっ!! という造りですが
渦中(リアルタイム)で見分ける方法が、なかなかうかびません。

クェスチョンマークをつけていないところに出るからです。

正確には
「クェスチョンマークをつけていないところに  出る」
でしょうか。

とすると、「?」の箇所だけチェックすれば、半分は検出できるということになるのかな?
(ポカを3つしているとすると、1〜2個)

ブログを見ていると、
「正解と思うものが見つかったら、残りの肢はあえて読まない」という方法で
正解率を高めた方もおられましたので、
人によっていろいろな方法があるのかもしれません。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

マイペースvsチェック −ディスクロージャー

資格試験を、過程を公開して受ける、というのは初めてでした。

A 経過をオープンにしない:自己流になり違う方向へ流れる。
B オープンにする :手間がかかる。情報が多くて集中できない。

皆さんどうやって対応?

たぶん、
(A+B)/2 で対応しておられるのかな。

・情報を要約・選択して開示
・信頼する少数の人にのみ開示

ISO・SOX法・IRなどの対応で「書類作りに追われて本業ができない」との嘆きをしばしばみかけますが、同じようなジレンマがありました。

ブログを書くことで、勉強だけするよりはかなり多くのエネルギーを使ったと思います。

じゃあ書かないほうがよかったのか?
というと、そうでもない。

ブログを書くことで初めて見える[現れる]可能性・世界 がありました。

さあて、これから経験+素材 をどう生かすか。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

点数推移

択一:
       昨年 → 今年  :差分

厚生年金 3    →9    +6
その他  42   →43    +1
−−−−−−
     45   →52    +7

他科目、増えてない?!

勉強は、どの科目も一定レベルしてきたはず(6月以降は厚生年金に半分注ぎ込んだが)…

ありうる理由:
1.毎年、必要な知識がいれかわる(法改正など)
2.維持するのにエネルギーが要る
3.点は同じだが、知識が深くなった。
4.網のかけ方に改善の余地がある。

3.の割合が大きい、と思いたい!

4.の可能性がけっこうありそう。
新しい方法につながるかもしれないので、探っていきたいと思います。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 06:50| Comment(3) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

強剪定−基本書の活用

ときどき、街路樹の枝葉が見事に取り払われ、幹と太枝だけの丸坊主になっているのに出くわすことがあります。

木はこれで生きていけるのかしらん、と思ったりするのですが
(もっとも「切るべき[切ってはいけない]タイミング」はちゃんとあるようです)

基本書として社労士Vを選んだ理由が
「幹しかないこと」でした。

視覚的にも空白がとても多い。

科目によっては、通則・雑則などで1分野(給付制限など)が丸ごと抜けていたりもするのですが:

空白を書き込みによって補っていきます(テープ視聴・過去問・模擬試験復習)。

書き込みの色を変えると、それがレイヤー構造の表示になります。
・頻出事項か。
・根本か、周辺知識か

いろいろなブログで「素読が大事」と書いてあったのが参考になりました。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

アメとムチ−模試の活用方法

3連模試: おだてる−つきはなす−フォローする
2連  : おだてる−つきはなす(−フォローする ←ここは自分で用意する要)

「おだてる」:努力すればいけそうだ、という基本的自信を抱かせる。
「つきはなす」:「おだてる」を踏まえたうえで、現実とのギャップを認識させる。
「フォローする」:その結果を確認させる。

間のどこかでいったん締める(水を浴びせる)→加速 というのが
メニューを組んだ予備校の目論見だったのかな。

と一連を解いてみて思いました。

昨年も同じ3連模試を受けましたが、
「締める」時点で「できなくて当然」と考えていたため(その時期20点台)
ショック療法が意味を成さなかったようです。
(埋め込まれた情報量=せっかくの「仕掛け」を無駄にした)

そういう意味で、模擬試験を効率よく活用するには、
一連のものとして、最初から準備を持って臨むことが
有効なのではと思います。
(一種のレバレッジですね)

また「引き締め」フェーズで点が落ちるのは
あくまで「想定の範囲内」むしろ「予定のシナリオ」と思います。
弱点があぶりだされた=「慶賀すべき」といっていいかもしれません。
したがって、勉強のエンジンはかけねばなりません(=危機感は必要)が、心理的な意気阻喪・自信喪失は必要ありません。予備校の思惑のまさに逆を行くことになります。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

皮算用

2007年度受験経費:こちら

PC代・通信費等は除きます。
単年度なので、昨年までの蓄積は考慮していません。(昨年はちゃんと塾(ビデオ講座)へ行きました)

正式に来ないと、もう一回使うことになるわけですが…

「収支決算」の「支」だけなので、ぼちぼち「収」も考えようと思います。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング

posted by 若葉 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

択一式試験:順番

徴収−健保−厚年−国年−一般−安衛−雇用−労災−労基

の順に解きました。

(当初「徴収−厚年−国年−健保−一般…」としましたが、これは撃沈しました。
ある程度インターバルというか緩急がついたほうがよいようです
(難−難−難−中−中−易… ではなく 難−中−難−中−易…みたいに:徴収法は「難」というより「苦(手)」ですね)

ネット上に選択肢ごとの詳細解説が出るのが9/2頃のようなので、
そのあたりからザッと見ていきたいと思います。
(DCが来るので、また山篭りになるかも)

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:28| Comment(2) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

選択式試験:薄氷の湖

解答を終えた時点でクェスチョンマークが3つ立っていた科目が1つありました(労一:社労士法)

昼食前に確認:

A 事業の発達 →×(「発展」にした)
B 福祉の向上 →残った!
D 紛争解決手続代理業務試験 →×(「特定社会保険労務士試験」にした)

○3つ:「肩の荷が下りた…」と思ったのを覚えています。

その他科目: cf.模試での出題テーマ一覧(選択)

■労基・安衛
予備校ごとの差がほとんどなく、裁量労働制・時間外労働に集中(見事にダンゴ)→違うところが出る可能性のほうが逆に高いのでは…と思ってました。

出るとしたら労働契約あたりかと思いましたが、なんと目的条文でしたね。(原点回帰?)

C(就業規則の直律的効力)はide最終模試の選択に出ていました。

安全衛生法のD・E(元方事業者の定義)は全滅。(たぶん初出題ですね)

■労災
昨年「今年[2007]の選択労災は介護だ」と予言された方:どんぴしゃでした。

D(常時又は随時)を間違う。

−こんなとこで、つまるなよ!
−失礼。灯台下暗しで…(数字は覚えていたのだが)

E 労働者に支給… 手元のテキストには書いてありません。(あたりまえすぎて?)

介護が出題されたのは初めてのようですね。

前半(傷病補償年金)はide最終模試の選択と同じ。

■雇用
予想の出題はないが… なくても困らないですね。

Dを「150日」としましたが、途中で「あ、表の端っこじゃない」と気がついて120日に直しました。(見直す余裕があってよかった)

Eもちょっと焦りましたが「若年者だ」と気づいたら「90日」が出ました。

■労一 →上記[他の方も指摘されていましたが、社労士法って…社一では?!]

■社一
LEC最終模試に同じ。(早稲田(2007.5.3)も近い)

あの…死んだ数字を抜くのは、やめてね。
(「平成19年4月13日施行の法令を、解答にあたり適用する試験」ですよね?)
実務上使うことは、100%ありませんので。

■健保
択一の勉強で対応可。

■厚年
≒ide中間模試の択一(健保3a〜c)(ここで間違えておいて助かりました)

■国年
予想出題はなし(択一の勉強で対応可)
Bをまちがえました。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

自己採点(2007.8.27)

<選択>(解答:早稲田・LEC・クレアール)

労基・安衛 3
 労災  4
 雇用  5
 労一  3
 社一  4
 健保  5
 厚年  5
 国年  4
−−−−−−−
     33

<択一>(解答:クレアール)

労基・安衛 7
労災・徴収 8
雇用・徴収 8
 一般   7
 健保   6
 厚年   9
 国年   7
−−−−−−−
      52

ひきつづき他校の解答も注視します。

・名前・受験番号を間違えた。
・違う欄にマークした。
・1つずつずれた。
・控え間違えた
・他の予備校の解答が大幅に異なっている・解答が変更になる


がなければ…

「受験生」が取れそう!


参篭中にクリックしていただいた皆様、ありがとうございました!
ご声援のおかげです。
↓今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年社労士試験 7不思議その1 − 均等法がない!

出題なし!

影も形もありません。

選択にも、択一にも…

労働基準法の「妊産婦」はネガポジ反転らしきものがわずかに見られましたが…

試験委員に女性はいないのかな??
(いや、予想問題で均等法に重点を置いた予備校でさえ、男性が多数のはずなのだが…)

自分の合否より先に追及してしまった。… な、なんだこれはっっ…??!!

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | h19社労士:結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。