2008年09月20日

後期高齢者医療制度、代替制度を検討−厚労相

自分としては、下記の方法で、団塊世代の人口増による負担増を乗り切るのがベストと考えます。

→2008.6.25 医療保険に積立方式導入の提言:財務省総合政策研究所
http://trying.seesaa.net/article/101492086.html


後期高齢者医療制度、厚労相が「代替制度を検討」:2008.9.20 nikkei.net
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080920AT3S1902K19092008.html

 舛添要一厚生労働相は19日夜、東京都内で記者団に対し、「後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に代わる新しい医療制度を創設する」との方針を明らかにした。対象者を「75歳」という年齢で線引きしないことや、年金からの保険料天引きを強制しないよう設計するのが特徴。10月15日の保険料天引き拡大や次期衆院選が近づくなか、批判の強い制度を見直すことで国民の支持を取り付ける狙いがあるとみられる。

 新医療制度は政府・与党で1年程度かけて議論する。(1)年齢のみで対象者を区分しない(2)年金からの保険料天引きを強制しない(3)世代間の反目を助長しない仕組みを財源などで工夫する――という3原則に基づいて制度を設計する。

 具体的な仕組みとして例えば、財政余力のある企業の健康保険組合が現役労働者だけでなくOBまで面倒をみる仕組みを選択肢として選べるようにすることを挙げた。現行制度では75歳以上の高齢者はすべて後期高齢者医療制度に加入する仕組みとなっている。



↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

短期派遣に例外18業務−労政審、原案大筋了承:その他の改正点もあり

短期派遣、18業務認める:2008.9.19 日経

厚生労働省は18日、労働政策審議会の部会を開き、秘書や研究開発など18業務の短期派遣を例外的に認める内容の原案を大筋で了承した。24日に報告書をまとめる。厚労省は建議をもとに労働者派遣法の改正案を作成する。


次回が第122回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会(2008.9.24)になります。
傍聴は抽選があるとのこと、申し込みがかなり多そうですね。


政令26業務:派遣法施行令第4条(労働者派遣の役務の提供を受ける期間の制限を受けない)

→9.12原案…18業務に (→詳細
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0912-3a.pdf


■日雇い派遣ポジティブリスト化のほかにも、いろいろあるようです。

:報告書の概要:2008.9.12 連合
http://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/seido/haken/news/20080912.html

・日雇い派遣を原則禁止・例外をポジティブリスト化

・登録型派遣で1年以上勤務する者…希望を踏まえた上で、常用型派遣への移行等のための措置を派遣元の努力義務とする

・派遣労働者の賃金決定に派遣先の同種の労働者の賃金を考慮要素の1つとする

・派遣労働者の賃金、派遣料金、マージン率等の情報公開を派遣元の義務とする

・期間の定めのない雇用契約の派遣労働者について、雇用契約申込義務を適用除外とするとともに、特定を目的とする行為を可能とする
 [←期間の定めのない雇用契約の派遣労働者 って、いるの?!/この提案は、存在そのものに、ちょっとびっくりしました。 + 意味が…よくわからん??]

・グループ企業への派遣人員割合を8割以下とする

・適用除外業務への派遣、期間制限違反、無許可・無届派遣、偽装請負の場合
→行政が派遣先に、賃金・雇用契約期間について従前以上の条件で雇用契約を申し込むことを勧告できる

など。

↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング

○18業務の詳細 →こちら
posted by 若葉 at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

AIG関連投信、解約停止/リーマン破綻も広範囲に影響

解約停止 というのが、こわいところです。
資金を引き上げられなくなってしまいます。

「指数の騰落率に価格が連動する債券」について「適正な時価が取得できない」ので、一時的にとめているようです。(=「会社がつぶれた→資金が帰ってこない!」等ではなさそう)

いずれにせよ「流動性」に要注意です。


野村アセットなどが新規契約・解約停止 AIG関連の投信:2008.9.18 nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080918AT2C1701X17092008.html

 野村アセットマネジメントは17日、「コモディティ投信」など3本の公募投資信託の新規契約と解約の申し込みを当面の間停止すると発表した。米保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の関連会社が発行する指数連動債券を40―50%組み入れており、金融市場の混乱で債券の値付けができなくなったため。

 住信アセットマネジメントも同様の仕組み債を約70%組み入れた「コモディティ・オープン」の新規契約・解約の申し込みを停止した。AIGが米政府の管理下に入った影響が、日本の個人投資家にも広がり始めた。


詳細:
→AIG商品指数連動のコモディティ投信、設定解約の受付を中止:2008.9.17 ロイター
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-33803320080917

…運用各社の開示によると、これらコモディティ投信は指数の騰落率に価格が連動する債券に投資をしているが、リーマンの破たんを発端とした米国金融市場の混乱およびAIGに対する信用不安拡大などの影響から、指数連動債の適正な時価が取得できない状況にあり、新規の債券の購入や売却ができない事態となっている。
 このため16日からのファンドの買い付けおよび解約の受付が止まっている。…[ある投資会社は]「投資者の投資判断に誤解を与えることを避けるため、17日付の基準価格は公表しない」…18日以降の基準価額公表についても「現時点(17日時点)で未定」としている。[他社も同様]…


■他にも影響:

・リーマン日本法人が再生法申請 資産保全で懸命の攻防−経営陣と金融庁 流出防止、米に先手:2008.9.18 日経

「RING FENCE(囲い込み)」…経営破たん後、米リーマンの海外子会社の保有資産をめぐり、米国と日本など進出国の間でどちらが占有できるか争いが起きる可能性があった。
→金融庁は権限をフル稼働し、矢継ぎ早に対応
  米持ち株会社の破産法申請の数時間後、国内資産の「保有命令」を発動。深夜には15-26日まで12日間の業務停止
(日本の民事再生法は裁判所が手続き開始を決めるまで1週間程度→その時間差を「処分」で埋める必要があった))


・国債1287億円発行できず リーマン破綻余波:2008.9.18 nikkei.net
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080918AT3S1702R17092008.html
…日本法人のリーマン・ブラザーズ証券が落札した2年物国債と政府短期証券(FB)について、落札代金が期日の16日までに払い込まれなかったためだ。…2年債で約817億円、FBで約470億円が未発行となる。
 22日に払込期日を迎える5年債と10年債でも同社が一部を落札しており、国債発行へのリーマン破綻の影響は広がる可能性が大きい。債券市場では「未発行による一時的な歳入欠陥が2500億円程度に達する可能性がある」との見方も出ている。



↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 金融・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

雇用・能力開発機構を職業訓練に限り存続方針−厚労省

方針が変わったのか?!と思ったのですが
「有識者会議 vs 厚労省」の2つの立場の主張が出そろった、ということですね。

3つの機能のうち「職業訓練に限って残す」は一致しており、
だれが分担するか、すなわち

・機構を存続させて残すか(厚労省)
・自治体に渡すか(有識者会議)

が対立しているわけです。

厚労省は「国が責任を持たねば」と述べていますので、
その理由が今後公開されるのでしょう。

本当に地方に任せると弊害が出るのか。
既得権維持の部分はないのか。

「年末までに改革案」とのことなので、厚労省に対する有識者会議からの応答も含め、今後も紆余曲折が予想されます。


・能力開発機構、業務縮小で存続 厚労省方針:2008.9.16 nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080916AT3S1601U16092008.html

 厚生労働省は16日、雇用・能力開発機構のあり方を議論する会議を開き、機構の存続を視野に業務を職業訓練関連に絞って縮小していく方針を決めた。一方、政府の「行政減量・効率化有識者会議」は17日に同機構の解体案をまとめる予定で、政府内で同機構の存廃を巡って見解が真っ向から対立する事態が予想される。

 会議の冒頭、舛添要一厚労相は「年末までに、国民の納得を得られるような改革案を作成してもらいたい」と指示。座長案は「国が責任をもって実施する事業組織の業務は原則として職業訓練関連」と明記し、機構の存続を打ち出した。そのうえで組織をゼロから見直す方針も示した。

 機構の実施すべき具体的な業務としては「雇用の安全網」としての職業訓練のほか、中小ものづくり企業の基幹労働者の育成、指導員の再訓練などを盛り込んだ。


■「分権(権限委譲)」は他省庁でも、あまり望んでいないのかな?

国の出先機関の業務見直し、「現状維持」9割 分権委:2008.9.17 nikkei.net
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080917AT3S1601W16092008.html


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 07:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

力士の解雇

「寄付行為」は株式会社でいえば「定款」にあたるものであり(相撲協会は「公益法人」)、労働条件についての判断には就業規則の参照が必要

…と思ったのですが、どうも「就業規則」ってないのかな?


■一般論として、懲戒解雇については、下記の流れで判断します。


1.就業規則の解雇事由に列挙されているか?

 →No:不可

 →Yes:

   →2.客観的に合理的・社会通念上相当 といえるか?
     (合理性:行為の性質・態様・その他の事情で判断)

     +・平等性(同様の先例の場合に懲戒していない→×)
      ・適正手続(ex.指導を何度も行ったが改善しないと判断 など) etc.


記事だけで判断すれば、1,2いずれも「確実にYes」といえるか? は微妙ですね。

司法判断が出れば、解雇権濫用法理の裁判例が1つ増えることになるでしょう。
(論点として、何が追加されるのかな?)


■外国人力士どう向き合う、ルール作り待ったなし:2008.9.15 日経

… 元若ノ鵬は、角界からの追放にあたる「解雇」処分を「過去の例と比べて厳しすぎる」として処分取り消しを求めて提訴し、元露鵬と元白露山の兄弟も同様の考え。仮に法廷闘争となった場合、逮捕されていない元露鵬と元白露山のケースは、「法律を犯していないのに解雇するのは不当」との司法判断が下されないとも限らない。

 協会側は解雇の理由を「尿検査で陽性が出たこと」としか、公式には説明していない。角界の憲法である「寄付行為」に「力士は相撲道に精進する」などと書かれているのを基にした判断だが、明確な基準はなく、「露鵬と白露山は、最初からちゃんと謝っていれば出場停止で済んだのに」と漏らす理事もいる。そもそも尿検査は今回が初。来年導入予定のドーピング検査の実施方法や罰則規定もこれからだ。

 昨年、時津風部屋の若い力士が暴行で死亡した事件では、前親方が「協会の信頼を著しく損ねた」という理由で解雇された。それと大麻騒動が同じ処分で妥当なのか、と指摘する声もある。時津風部屋の犯行にかかわったとされる日本人の兄弟子3人が有罪の確定までは解雇にならない点も、外国人に厳しいという印象を与えている。

… 現在、外国人力士は718人中57人(全体の約8%)。…最初の試用期間を半年以上置いて性格等を見定めた後は、教習所での授業や薬物検査といった大事な場面で通訳をつける配慮も必要だろう。
…グローバル化の中で、受け入れに関する明確なルール作りを怠ると、落とし穴にはまる。…習慣も価値観も違う外国人とどう向き合うか、腰を据えて取り組まねばならない。



↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

野川先生の講義


わかりやすい労働契約法

わかりやすい労働契約法

野川 忍

2007/12 商事法務 ISBN-13: 978-4785714970



本筋を掘り下げてかみくだいた、わかりやすい講義でした。

聴衆とのキャッチボールが上手で、ほとんど緊張を感じませんでした(←失礼か?!)

野川先生 および 主催者の方に、御礼申し上げます。
ありがとうございました。
また聴いてみたい授業です。


■本の内容+そこから考えたこと を、こちらにまとめてみました。

→「労働契約法」カテゴリ
http://trying.seesaa.net/category/4679677-1.html



↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 労働契約法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

労組が子供向け「ものづくり教室」

自分が学生だった頃に比べて、「職業」を教育の中で意識させるタイミングは早くなっていると感じます。

自分の仕事を具体的に紹介して興味を持ってもらう活動が広がっているのは、望ましいことだと思います。


労組が「ものづくり教室」計画 小中高校生対象に:2008.9.13 共同通信
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091301000365.html

 子どものころから「ものづくり」に興味を持ってもらい、将来の人材確保につなげようと、機械、金属などの中小企業の労働組合でつくる産別労組「JAM」(38万1000人)が、小中高校生に製造業の現場に触れてもらう「ものづくり教室」を計画している。

 JAM傘下の約300の組合と、各地の教育委員会に協力を要請。工業高校の生徒が製造工程を実際に体験する「インターンシップ」や、小中学生による工場見学を年明け以降にも本格的に始めたい意向だ。

 機械や金属の中小企業は、新たに就職してくる若者が年々減少。派遣など非正規労働者の増加もあり、人材確保と技能伝承が大きな課題となっている。

 JAMの市川佳子政策・政治グループ長は「家庭や学校では、ホワイトカラーへの就職を奨励する傾向が強いが、経営のしっかりした、ものづくりの中小企業も見直してほしい」と話している。


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

最低賃金700円突破・平均16円up

記事を見ていて思ったのですが、最低賃金の平均は、加重平均で見るのか(=人口の多い地域の値が強く反映される)。

制度上も変更がいろいろあります。チェックが必要ですね。
→2008.5.16エントリ
http://trying.seesaa.net/article/96886593.html

↑「適用除外を廃止し、減額特例(減額した最低賃金を適用)とする」が抜けてました。
(障害・試用期間・職業訓練・軽易な業務・断続的労働 で 許可を受けたもの)


■最賃時給初めて700円突破 引き上げ額平均16円:2008.9.12 共同通信
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091201000256.html

 厚生労働省が12日発表した2008年度地域別最低賃金の地方審議会の答申状況によると、都道府県ごとの引き上げ幅は時給で7−30円となった。

 この結果、最低賃金の全国加重平均は前年度より16円高い時給703円で、初めて700円を突破。引き上げ額も、中央最低賃金審議会が今年8月に示した目安(15円)[2008.8.6]を上回った。

 最低賃金が生活保護水準を下回る「逆転」の解消を促す改正最低賃金法の施行に加え、物価上昇への配慮などが、大幅な引き上げにつながったようだ。

 最低賃金が最も高い都道府県は、東京都と神奈川県で766円。一方、最も低いのは宮崎、鹿児島、沖縄の3県で、627円だった。

 引き上げ幅が最も大きいのは神奈川県の30円で、東京都の27円が続いた。いずれも最低賃金が生活保護を下回っており、大幅アップとなった。引き上げ幅が最も小さいのは徳島の7円だった。


最低賃金、初の700円台 平均16円上げ、15年ぶり大幅改定:2008.9.12 nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080912AT3S1202E12092008.html

…時給の引き上げ額は全国平均で16円と1993年度の18円以来、15年ぶりの大幅な引き上げとなった。…新しい賃金は 11月上旬までに適用される予定だ。…
東京都や大阪府など12都道府県で生活保護制度による給付が最低賃金を上回り、「働く貧困層(ワーキングプア)を定着させる」「労働者の働く意欲を失わせる」との批判が労働界や野党を中心に強まっていた。


■現在の制度

平成20年7月1日から最低賃金法が変わりました/Q&A
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/minimum/dl/01-1.pdf

地域別最低賃金・産業別最低賃金
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-01.htm


■経緯

2007.11.27 労働契約法案・最低賃金法案、参院での動向
http://trying.seesaa.net/article/69611999.html

最低賃金法の改正について[平成19年12月5日公布]
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/saiteichingin02/index.html

2008.5.16 最低賃金の中長期引き上げ、労使平行線−6月に合意目指す:成長力底上げ会議
http://trying.seesaa.net/article/96886593.html

2008.6.11 最低賃金の目標=高卒初任給(小規模企業・女性):円卓会議の政府原案
http://trying.seesaa.net/article/100151860.html

2008.6.21 最低賃金「高卒初任給並み」で合意−金額(基準の企業規模)決まらず:政労使の円卓会議
http://trying.seesaa.net/article/101183963.html

2008.7.10 最低賃金をめぐる合意が難航−中央最低賃金審議会
http://trying.seesaa.net/article/102565748.html


平成20年度地域別最低賃金額改定の目安について:中央最低賃金審議会 答申 2008.8.6
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/08/s0806-8.html

2008.9.1 都道府県別最低賃金、答申が続く
http://trying.seesaa.net/article/105826443.html


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

合併時に企業年金資産を別管理、可能に

合併によってどんぶり勘定になることを防ごうということで、妥当(というか必要)な改正かなと思います。
だいぶ前から要望が寄せられていたのでしょうか?


厚労省、年金資産の区分管理容認:2008.9.12 nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080911AT3S1102511092008.html

 厚生労働省は企業が合併した際などに年金資産を管理しやすくするため11日付で、厚生年金基金や確定給付企業年金の資産の区分管理を認めるよう省令を改正した。合併にあたって会社ごとに給付設計や脱退率など加入者特性が異なるのに、すべての従業員が積み立て不足のある会社の分も一律に負担するのは不公平との不満に対応する。

 これまで企業の合併時には、両社の厚生年金基金や確定給付企業年金の年金資産は一つのものとして管理する必要があった。積み立て不足の多寡に関係なく、合併で発足した新会社が不足分の穴埋めをすることを義務づけられていた。

 今回可能になった区分管理では、積み立て不足がある旧会社側の従業員だけが特別掛け金を拠出することになる。逆に剰余金がある場合にはそれぞれの会社ごとの区分で積み立てることを認める。


■条文:

厚生年金基金規則及び確定給付企業年金法施行規則の一部を改正する省令(厚生労働141):官報 平成20年9月11日付(本紙 第4912号)より
http://kanpou.npb.go.jp/20080911/20080911h04912/20080911h049120001f.html


●変更箇所:

・厚生年金基金規則

(設立事業所の減少に係る掛金の一括徴収)
第三十二条の三の二  法第百三十八条第五項 の厚生労働省令で定める計算方法は、次のいずれかの方法とする。

4号[追加] その他厚生労働大臣が定めるところにより計算した額とする方法(厚生労働大臣が定める場合に限る)
(2〜4項略)

(解散時の掛け金の一括徴収)第32条の3の3[追加] 32条の3の2第1項第4号の場合の法138条6項の掛金額計算方法…大臣の定める方法

(上場株式による掛金の納付)第三十二条の三の三→第32条の3の4(以下1つずつ番号up)


・確定給付企業年金法施行規則

 第七章 確定給付企業年金間の移行等(第88条−第96条)を「第87条の2〜」に変更
 87条の2 を追加
 88条1項に4号を追加
 98条の2 を追加
[よくわかりませんが、厚生年金基金規則と同様「その他厚生労働大臣の定める方法」を追加したのかなと思います]


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | DC・年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

世界最大の加速器が始動

今日のグーグルの絵はいったい…??

世界最大の粒子加速器が始動:2008.9.10 AFP

質量の謎に迫る 超大型加速器、10日始動:2008.9.11 asahi.com
http://www.asahi.com/science/update/0909/TKY200809090183.html
生まれたばかりの宇宙の状態を地上に再現し、「物質に質量があるのはなぜか」など現代物理学に残された謎の解明が期待される世界最強・最大の粒子加速器が10日、ジュネーブ郊外で始動する。
…宇宙誕生時の大爆発ビッグバンから1兆分の1秒後の超高温・超高圧状態を再現する。



●この装置については、実験の過程で小さなブラックホールが作り出され、地球を飲み込んでしまうとの懸念も一部で出ていた。ロイター 2008.9.11


ひゃー!
マイクル・クライトンの世界ですね。


↓クリックしていただくと励みになります!
にほんブログ村 士業ブログへ
 にほんブログ村 士業ブログ
 blogランキング
posted by 若葉 at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。